始めに

人間とは古い付き合い

犬・猫と人間の付き合いは古く、犬とは紀元前6~7千年、猫とは紀元前4千年頃からと言われています。その昔、人々は食物を野獣や木の実などにたより、狩猟や採集によって生活を行っていました。犬はこの時期に狩に利用できる動物として家畜化されていったと考えられています。一方猫は、人類が農耕を営むようになると、食物倉庫を野ネズミから守る動物として家畜化されたと考えられています。
このように犬・猫と人間の関わりは古く、はじめは人間が犬・猫を利用する関係でした。しかし徐々に、単なる利害関係だけでなく、仲間としての精神的な絆を強めていったことは疑う余地がありません。そして現在では単なる愛玩動物としてではなく、伴侶動物(コンパニオンアニマル)として、私たち人間の心を豊かにし、生活に潤いを与えてくれる存在となっています。

今日、人間社会の中で犬・猫の生活も大きく変化し、犬・猫本来の自然のままでの生活は不可能です。しかし、私たち人間は供に生活を楽しむ伴侶動物として犬・猫と付き合うとき、犬・猫の本能や習性そして特性を理解する事を忘れてはなりません。また、犬・猫が健康であることは、供に生きる喜びを増し、供に生活に溢れ、そして精神的な絆もいっそう強まることにもなるはずです。

犬・猫が私たち人間の良き伴侶動物として一緒に楽しい生活を送ることができるように、犬・猫の習性や生理、病気とその予防などの話などについてご紹介していきたいと思います。

猫を飼う時

子猫を飼う時には、猫を飼う環境に適した猫を選ぶことが大切です。一口に猫といっても雑種と純血種、毛の長短、雄と雌、性質などそれぞれの猫によって特徴があり、飼い方も異なる場合があります。そこで猫を飼うときに目安となるいくつかの特徴について述べてみます。

雑種と純血種…
雑種の魅力は、毛の色や性質がみな独自のもので、他に同じ猫がいないということでしょう。一方純血種はその種類によって容姿はだいたい同じで、性質もある程度決まっています。純血種を飼う時に注意したいのは、長毛種(ペルシャやヒマラヤン)の場合、手入れに時間がかかることで、手入れに十分時間がとれないような場合は不向きです。

性別…
オス猫とメス猫では行動様式にかなりの違いがあります。メス猫は鳴き声も優しくきれい好きです。それに対しオス猫は鳴き声は大きく行動的で闘争心にあふれ、外に出てよくケンカをします。またオス猫は性成熟に達すると(約一年)縄張り作りをはじめ家のあちこちにピッピッと尿をしたり(スプレーといいます)、外出して家に戻らなくなったりします。しかしこれらは、生後6~7ヶ月ぐらいのうちに去勢手術をしておくと防ぐことが出来ます。

性質…
純血種ではその種類によって、おっとりした性質から気の強い性質までさまざまな性質があります。また雑種でも、かなり遺伝的に性質が決まっていますがすが、飼いやすい猫というのは、子猫のうちからのしつけに左右される場合が多いようです。子猫のうちから恐怖心を与えないようにすることが大切です。また猫は体を撫でられることによって安心感をおぼえ、飼い主との絆も強まります。